旭川赤十字病院から出動ドクターヘリ

旭川赤十字病院から出動ドクターヘリ

  • 旭川赤十字病院から出動ドクターヘリ

    • ドクターヘリとは救命救急の敷材を装備し、フライトドクターとフライトナースが同乗し手救急現場に向かう医療に特化したヘリコプターです。

      救急治療を必要としている現場に向かい、搬送中も救命医療ができます。思わぬ渋滞などに阻まれることなく、遠く離れた場所から最短時間で患者を病院に輸送すできる機動性と迅速性を兼ね備えています。要請を受けて3分以内に離陸して救急現場へと向かいます。


      全国各地で整備が進められており、道北では唯一の救命救急センターであった旭川赤十字病院が、北海道からの要請で2009年10月12日より運航を開始しています。

      開始から約2年後の2011年には3月11日に起きた東日本大震災の翌日から15日まで救援活動の為に花巻に派遣され大きく貢献しました。

      通常は119番通報を受けた消防機関等で早期治療が必要か判断され、旭川赤十字病院の運行管理室にホットラインで出動要請します。

      旭川のドクターヘリを手軽に利用してみませんか?

      要請を受けた通信センターでは天候などを鑑みて判断を即座に下します。
      出動要請が出るとドクターヘリ搭乗スタッフは直ちに搭乗し3分以内で離陸します。



      飛行中「現場の地点情報」「傷病者の容態」が逐一無線連絡されてきます。救急現場の指定場所に着陸します。

      着陸し次第ドクターとナースは処置を開始、傷病者の容態を判断し基幹病院である旭川赤十字病院をはじめ近隣の病院など搬送先の病院を決定し搬送します。

      ドクターヘリは1年中無休で運行待機しています。
      有視界飛行義務つけられているため悪天候の時はもちろん、夜間も視界不良のため運行せず、日中のみの運行となります。



  • ヘリコプターについて情報

    • 日本の都道府県の中で最も高い人口密度を誇っている東京都の主要道路は、どれも毎日のように渋滞しています。そして、この道路の渋滞は仕事で都内はもちろんのこと他県に移動する機会が多いビジネスマンにとって悩みの種のひとつとなっています。...

  • ヘリコプターの実態

    • 大きなプロジェクトを任されているような東京で働くビジネスマンの方の場合には、出張先の海外から帰国してすぐに会議のために都内にある事務所や得意先へと向かわなければならないような状況が多々あると思います。そして、そういった出席しなければいけない会議に遅刻することはビジネスマンにとってどうしても避けなければならないことでもあります。...

  • ジェットヘリのおすすめ情報

    • ジェットヘリというと自衛隊などが使用する特殊な乗り物というイメージが多いかもしれませんが、これからはジェットヘリも自動運転で利用されるようになると考えられるので、より安全なものということになっていくと考えられます。自衛隊が使用するような戦闘用のものはそうはいかないかもしれませんが、民間で使用されるようなものはほとんどが自動運転となると考えられます。...

  • ジェットヘリの意外な真実

    • これからジェットヘリを活用する機会は増えることになるかもしれません。勿論一般の人がというわけではありませんが、ある程度の富裕層がジェットヘリを利用することは増えていくと予想できます。...

top