製造業においては、大量生産して安い値段で部品の製作や製品の製造を行っていますが、新製品などで従来と部品の形状が異なるケースでは、少ない数の部品を試作で製造を行い、これを用いて機能確認や性能評価を実施した後に最終的な部品の仕様を取組めて大量生産に向けた準備を行います。そして試作をする際には専門のメーカーに依頼してゆく事となりますが、国内には多くの会社が有りますので、各社の得意とする分野や納期、そしてコストや納入実績などを比較して発注先を検討する事も大切です。試作会社の特徴としましては、多くの材料の種類に対応出来る点が挙げられます。材料は金属材料や樹脂材料などが有りますが、金属材料では鉄やアルミニウム、ステンレスなど幅広い物に対して、マシニングセンターや放電加工機、旋盤などを用いて部品を製造できます。

また樹脂材料では小ロットの射出成形を行ったりして対応する事が可能です。試作のメーカーでは、自社では対応出来ない加工などが有った場合には、協力会社を利用するなどして対応してくれます。これからメーカーを選定される方は、複数のメーカーから相見積もりを取るなどして比較検討する事も大切です。例えば部品一個当たりの値段や納入までの納期、そして部品の寸法確認など品質をきちんと確認して対応してくれるかなども重要なポイントとなります。

試作する際に工法などを提案してもらえる様なメーカーですと高いノウハウを有しており安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です