プラスチック(樹脂)を原材料として、何らかの商品開発を行うメーカーでは、商品化に向けて万全な状態にするには、加工の試作品を受諾する企業があるので便利に使えます。このタイプの企業では、射出成形という方法で加工を行い試作品を作り出しますが、1品からでも発注することができるので、料金は高くなりますが実際にメーカーに届いた段階で、改善すべき点があれば設計をやり直すことに最適です。試行錯誤しながら優れたプラスチック(樹脂)の商品を作り出すには、無駄なプラスチックを消費せずに依頼することができるので、環境にも良い方法です。1度目で問題が無ければそのまま自社で製造をすることができますが、複雑な形状の商品の場合、数ミリの誤差でも粗悪品となってしまうリスクはあるので慎重に確認をすることは欠かせません。

プラスチック(樹脂)を使い試作品の加工を行う企業側では、設計図に合わせて簡易金型と呼ばれる金型を使う企業が多い傾向にあります。小ロットであればそのまま指定した数量を作ってもらうこともでき、企業により違いはありますが、簡易式ではなく正式な金型を用いる企業であれば金型を購入し自社工場で大量生産する方法も使うことができます。結果的に自社で新商品の開発を行う場合、高額な金型を何度も作り直す必要性が出てくる可能性は高いのですが、このような専門企業を利用する方法であればトータル的な金額を考えても資金を少なくすることにも成功します。当然ながら設計図は専門企業側に提供することになりますが、徹底した管理で外部に漏れることは無いので安心して利用できるメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です