プラスチック(樹脂)は、様々な加工品に変化するのが一般的です。特徴は加工方法が多いことと、長く保管しても腐食しにくく断熱性が高いことです。プラスチック(樹脂)を加工する時には、切削加工でどんな形にも変えることができます。いったん固めたものを専用の機械で削っていく方法です。

切削加工が用いられるのは特殊な加工が必要な時や、何度も試作が必要になる場合に使われる加工方法です。切削加工を細かく分けると、回転をしている樹脂に刃を当てて削る円盤加工や、逆に刃物を回転させながら樹脂を削り取るフライス加工があります。プラスチック(樹脂)は、熱を加えると溶けてしまうことから耐熱性がとても低いです。加工する時には熱には十分に注意しながら行うことが必要です。

最近では、3Dプリンタが主流になってますが、3Dプリンタでは加工できないこともあるので、切削加工で難しい点を補うことができます。プラスチックと言っても樹脂はいくつかあります。種類には熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂がございます。熱可塑性樹脂は加熱するとやわらかくなる樹脂で、熱を加えれば何度でも成形させることができます。

熱硬化性樹脂では最初の段階では加熱すると柔らかくなりますが、加熱を加えていくとさらに硬くなっていきます。という点から考えると熱硬化性樹脂は成形したらそのままの状態になるということです。プラスチックには多くの製品に加工することができますので、いろいろな面で使われています。それぞれの性能をきちんと把握して、その加工に似合った方法を選択することが大事です。

プラスチック(樹脂)の切削のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です