プラスチック(樹脂)の切削を行う際には、防塵メガネを装着して行うことが大切です。細かな削りかすが目の中に入り様々なトラブルを発生させるばかりでなく、最悪の場合には失明をしてしまうこともあるため十分に注意をして作業を行わなければなりません。プラスチック(樹脂)は非常に柔らかい素材であるため、気軽に切削加工を行うことができると考えている人は多いものです。実際に金属を加工する場合に比べて様々な工具を利用する必要がない場合もあり、そのために十分な準備をせずにこれを行うケースもありますが、実際には切削を行う際に目に見えない細かな削りかすが発生しており、これが様々な部分に飛び散っているため、目の中に入ってしまうとトラブルを発生させてしまう恐れがあります。

プラスチック(樹脂)の削りかすは非常に細かく、また非常に鋭い形をしているため、目の中に入ると水晶体を傷つけてしまい、トラブルを発生させることも少なくありません。知らず知らずのうちに水晶体が傷つき、見え方がおかしくなってしまうこともあります。人間の水晶体は簡単に修復することができないため、このような状態になると眼科の手術を行わなければならないばかりでなく、失明に至る恐れもあるため、このことを意識することが重要です。プラスチック(樹脂)の切削を行う場合には安全のために必ず防塵メガネを着用し、削りかすが目に入らないようにすることが重要です。

作業性を損ねると考えこれを行わない人も多いのですが、様々な問題を引き起こす危険性を十分に認識することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です